オンラインカジノとは?

オンカジ入門

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、パソコンやスマートフォンで遊べるオンラインゲームカジノのことです。
実際にお金を賭けてゲームをプレイし、勝ったお金を出金することができます。

日本ではあまり知られていないが、世界的には20年以上も前から普及している巨大産業で、国内でもプレイヤーが年々増加しています。

オンラインカジノ、スポーツブック、その他すべてのオンラインギャンブルサイトの市場規模は、2015年の時点で約400億ドル(約4.5兆円)、今後も大きく成長すると言われています。

オンラインカジノの構造

オンラインカジノは海外企業が運営するカジノゲームを、インターネットを通して実際の資金を賭けて遊ぶことが可能だ。運営会社は、各国の政府が発行する運営許可証(ライセンス)を所持しており、合法的に運営されています。

オンラインカジノのライセンス

オンラインカジノの運営ライセンスは、世界中で様々な国、地域が発行しています。

オンラインカジノ運営会社がライセンスを持ち続けるには、下記項目が政府により常にチェックされています。

経営者の背景
プレイヤー資金の管理体制
プレイヤーデータの管理体制
ゲームの公平性
ギャンブル依存症対策、マネーロンダリング対策

これらの項目を政府が監視しており、不正が認められればライセンスは剥奪されます。
これらが徹底的に監視されているため、プレイヤーは安全、安心してゲームを遊ぶことができます。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、1994年にヨーロッパ市場にて初めて登場した。これらオンラインカジノ会社は、現在でも大手ゲーム提供企業として存在しています。

オンラインカジノが登場した1994年、アンティグア・バーブーダという島国が、世界で初めてオンラインカジノライセンスを発行して以来、各国でライセンスが発行されています。

ライセンス機関の普及と規制の改善により、プレイヤー保護、マネーロンダリングの防止体制が強化され、現在ではプレイヤーにとって安全な環境が確保されてます。

オンラインカジノ業界は20年以上の歴史を経て、ゲームの種類も多様化しています。
例:ライブカジノゲーム、対戦型ポーカー、スポーツブック、ビンゴ、Eスポーツなど。
世界でも特にオンラインカジノが盛んなのはヨーロッパで、数多くの運営会社、ゲームメーカー、決済会社が上場を果たしています。
各企業が日常的に、テレビCMやスポーツチームスポンサー契約を重ねる巨大産業なのです。

オンラインカジノに関する法律は、ヨーロッパ各国も日本と同様、明確ではないケースが多いですが、近年は法整備を整い、一般企業と同じく納税義務も発生しています。

米国市場も各州ごとに法整備が整い始め、合法化、もしく部分的な合法化となっています。

コメント